猫背 バストアップ

バストアップがしたいなら猫背は今すぐに改善しましょう。猫背とバストアップの関係についてご紹介しています。
MENU

猫背がバストアップを妨げてしまう原因とは

 

あなたは普段、どのような姿勢で過ごしていますか?

 

無意識のうちに背中を丸め、猫背になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

猫背はバストの成長を妨げる原因となるため、姿勢には特に注意しなくてはなりません。

 

なぜ猫背がバストアップを妨げてしまうのか、原因と対処法をご紹介していきます。

 

猫背がバストに悪影響を及ぼす理由

スマホやパソコンをいじっている時、歩いている時など、つい猫背になってしまうという方はたくさんいます。

 

猫背がバストの成長を妨げるのには、以下のような理由があります。

 

血液やリンパの流れが悪くなるため

血液やリンパは、女性ホルモンをバストまで届ける役割を担っています。

 

しかし猫背になると血液とリンパの流れが悪くなってしまいます。

 

必要な栄養や女性ホルモンが十分に巡らなくなることで、バストに栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

 

またリンパには老廃物を掃除する働きもあるのですが、リンパの流れが悪くバストに老廃物が溜まることで、さら栄養が供給されにくくなってしまいます。

 

形が崩れてしまうため

猫背を続けていると、バストを支えている筋肉が衰えていきます。

 

また背中が丸まることでバストのハリがなくなり、下垂した胸になってしまうのです。

 

そしてもう一つ、形が崩れてしまう原因となるのが巻き肩。

 

巻き肩とは肩が内側に入ってしまっている状態のことで、背中の筋肉を硬くしてしまいます。

 

背中の筋肉が硬くなると、代謝が落ちムダなお肉がつきやすくなったり、バストが離れたりしやすくなります。

 

また、代謝が悪くなることで血液やリンパの流れが悪くなり、バストを小さくしてしまう原因にもなるのです。

 

バストアップに効果のある姿勢とは

美しいバストを保つため、そしてバストアップの効果を高めるためにには、正しい姿勢で過ごすことを意識しなければなりません。

 

自分が猫背になっているかどうかは、壁に背中をくっつけることでわかります。

 

壁に背中をつけた時、肩が内側を向いていたり、痛みを伴うような方は要注意。

 

姿勢を意識して生活しなければ、ますます猫背が悪化しバストの形が悪くなってしまいます。

 

 

正しい姿勢とは、バストが上向きになるよう背筋をピンと伸ばした状態。

 

上から引っ張られているような感覚で、胸を張り顔を上げて立ちましょう。

 

また、座った状態の猫背にも注意が必要です。特にスマホやパソコンを触っている時は猫背になりやすいので、座っている時でも常に背筋を伸ばすということを忘れないようにしましょう。

 

このページの先頭へ